納得いく死亡慰謝料を受け取るには弁護士に相談するのがベスト

亡くなった被害者のためにも徹底的に争う

交通事故によりご家族が亡くなってしまった場合には、先方の保険会社からもちろん保証料が支払われることになります。
また、ドライバーが加入していた任意保険からも死亡保障料が支払われることとなりますが、万が一加害者側が任意保険に加入していなかった場合や、補償料が支払われたとしても加害者側の対応が誠意を持ったものではなく納得できないなどの場合には、徹底的な抗議を行って正当な慰謝料請求を行うべきでしょう。

不慮の事故に遭って亡くなってしまった遺族のためにも、ここでの姿勢は決して腰を折ることが無いようにしていく必要があります。
しかし一般的に考えれば保険会社で定められている補償料を受け取った後、更に慰謝料を受けることは非常に難しいと考えられていて、さらに、先方が任意保険に加入していなかったなどの場合には亡くなったご本人が加入していた保険からの補償料が支払われるのみとなってしまいます。

弁護士に依頼して加害者と徹底的に戦う

そこで、こうしたトラブルを避けていくためには専門知識を持った弁護士の力を借りて必ず死亡慰謝料を請求するようにしてください。
弁護士の力を借りず、先方に交渉を行っても門前払いをされてしまったり、最終的には相手が逃げてしまうようなことがありますので、こうなる前の段階で弁護士に相談し、話し合いを進めていかなくてはなりません。
加害者が未成年であり、なおかつ任意保険に加入していなかったなどの場合には自賠責からの死亡補償しか受け取れなくなってしまいますが、ここで弁護士を通じ交渉を行っていくことによって、加害者の親族が死亡慰謝料を立て替えて支払うなどの希望が出てきます。

このような方法を知らず泣き寝入りをしてしまうご遺族の方々もいらっしゃいますが、決して泣き寝入りをすることがないように、弁護士とともに強い姿勢でご遺族の無念を晴らすべく、戦っていくようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ