交通事故被害に遭ったら弁護士に依頼すべき理由

交通事故を起こしてしまった場合には、双方での解決を望んでいくことになりますが、必ずしも円満に解決できると限ったわけではありません。
どうしても双方の話し合いが上手くいかない場合や、相手の保険会社の対応が悪い場合、自分が求めているだけの補償をしてくれない場合などには、保険会社との解決が難しくなってきますので弁護士に相談し、しっかり、そして徹底的に解決した方が良いです。

弁護士に依頼したほうが事件解決までスムーズに進む

よほど大きな事故で、あからさまに過失がなければ先方の保険会社が出来るだけ低い金額で話を解決させようとしてくるのは当然のことといえます。
そのため、特に被害者の場合には保険会社の言いなりになってしまい、最終的には損をする結果になるので、こうならないためにも弁護士に相談することを検討した方が良いでしょう。

またこの他、保険会社との話し合いの最中に直接相手からのしつこい連絡があったり、相手の知人などが出てきて口を挟んでくるなどの場合にも、自分たちだけでの解決が難しいため弁護士に相談した方が良いです。
近年の保険会社は事故に対する対応も良くなっているといわれていますが、それでもやはり迅速な対応をしてもらえないケースなどもありますので、こうした場合には即座に弁護士に相談し、しっかり解決するようにしてください。

早い段階で弁護士に相談しておくことで、大きなトラブルにならず早急な解決が望めます。
ある程度話が進んでから弁護士に相談をしていくのと、最初の段階から弁護士に相談しておくのでは解決方法に大きな違いがありますし、スムーズに行くか行かないかの違いも出てくるのでこのような部分で早めに相談を行い、安心できる状況の中で保険会社、そして先方との話し合いを進めていくようにしましょう。

保険会社とトラブルにならずに済む

交通事故の対応は任意保険に加入している場合、保険会社が行っていくことになりますが、自分自身が被害者になってしまった際に先方の保険会社の対応が悪く、思うように話ができない場合などは早急に弁護士を頼り状況そのものを好転させていく必要があります。

任意保険の種類によっても変わってきますが、最終的に保険料が支払われるまでには時間を要することが多く、なかには治療そのものが完了するまで保険料が支払われないこともあるので、こうなってしまうと入通院に関わる費用を全て自費で一度立て替えなくてはなりません。
近年ではこうした部分においてトラブルを防ぐため、事前に入通院に必要な費用を支払ってくれる保険会社も少しずつ増えてきているものの、これだけでは対応できないケースが多いので、きちんとした対処してもらえるように弁護士から先方の保険会社へと話を持ちかけてもらうことが大切です。

このほか示談交渉の場面においても双方の意思確認などに時間がかかったり、こちらの意見は聞かず、とにかく示談成立をさせるために話を強引に勧めてくるような保険会社であれば、やはり自分だけでは対処していくのが難しくなるため、弁護士の力を借りなければなりません。
こうしたケースで弁護士に頼り、話を進めていく被害者はとても少ないために保険会社もある意味では足元を見ているような状況ですから、こうした保険会社の態度には弱気な部分を見せず、正々堂々と弁護士に依頼してしまいましょう。

保険会社のからくりは加入者にとって、デメリットが多い部分もあり、特に自分自身が被害者方に加害者側の保険会社と話を進めていく中で被害者であるにもかかわらず、不利になってしまうことが沢山ありますから、弁護士を頼り一方的に示談成立に持って行かれてしまうようなことが無いようにしっかりと対策を行いましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ